最低限のウイルス対策はしておこう

インターネットが普及する以前は
「コンピューターウイルス」と言われても
ピンとこなかったのですが、これだけ普及すると、
ウイルスというコトバを聞いたことのない人のほうが
少数派かも知れませんね。

そう、昔はコンピューターウイルスと言う
生き物がいるかのようなイメージがありました。
ワクチンソフトなんてもっとイメージ沸きにくかったかも。(^^;;

ウイルスとは、パソコン内部に入り込んで、
パソコンを壊滅状態にさせる特殊なプログラムのことです。
人間の体で言うインフルエンザのようなもので、
パソコンにも、どこかから入ってきます。
例えば、メールに添付されてきたり、
ファイルの中に隠れていたり、人から借りたCDを再生する
どこかのサイトにアクセスしたタイミングで拾うなどして
カンタンに感染します。潜伏期間があるものもあります。

これらの侵入を防ぐには、アヤシイサイトに行かない、
変なメールを開かないなど基本的なことです。
またバックアップはできるだけとっておく、
市販のワクチンソフトを常駐させておくなどして、
侵入を阻止しましょう。

万一、ワクチンソフトを入れていない状態で感染した場合は、
早急にワクチンソフトを手に入れて、駆除しましょう。
ワクチンソフトが買えない場合は、
フリーソフトを利用したり、お試し版を使うのも良い方法です。

あとは、感染後、確実に駆除してからのハナシなのですが、
メールのアドレス帳に連絡先が登録してある場合、
自分がウイルスに感染したことを知らせ、感染の危険性を促し
謝罪するのもネチケットのひとつです。
ただし「急ぎで知らせなくちゃ!!!」と慌てて、
感染した状態で、間違ってもメールを送らないで…!!(@o@);;
それはウイルスを送りつける行為になりますので、
送るならば、駆除してからにしてくださいね。

これは個人的な一意見ですが、
ウイルスに感染した人が、いくら駆除したからと言って
ネチケットだからと、メールでお詫びをして下さっても、
もうそれ自体手遅れでどうしょうもないのと、
出来ることなら口頭で伝えてほしいと、心の中で思います。

面と向かって言えないですけど…(^^;;

ウイルスはそれだけ恐ろしいものなのです。
メールも便利ですけど、感染したのならその経路は使わないで、
別の手段で連絡を取ることも検討していただきたいです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008