ひったくられたらどうしよう!

ひったくりにあったときに、
ただショックで呆然として「盗まれちゃった、あーあ。」

じゃなくって!!もう…(^^;;
ダメですよ、そんなんじゃダメです。

ひったくりは、突然身にふりかかります。
犯罪に心構えができてることなんてないですから、
不意に起こることで、何かアクションを起すのは難しいのですが、
最低限でも「ドロボー!!!!」と叫びましょう。
犯行後に逃げることが前提で犯行に及び
逃げ足がとても速いので、
あっという間に見失う可能性が非常に高いからです。

警察への通報も本来は携帯電話でスグにできるのですが
バッグごとひったくられてしまって、
電話が出来ないケースが非常に多いです。
それでも、警察にスグ動いてもらうためには、
その場で通報が原則です。
同じ犯人は、次の犯行に移る可能性も高いですからね。

事情を話して、近くのお店や、公衆電話で
110番に連絡をしましょう。
連絡するときは、発生場所や状況、時刻、犯人の格好など、
落ち着いて知らせるようにしましょう。

あと、怖いのが、もみあうことです。
ムリにバッグを放さなかったりすると、引きずられたり、
巻き込まれたり、大きなケガを負う事もあります。
相手がバイクの場合、なおさら気をつけてくださいね。
身の安全が第一ですよ。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008