カード犯罪を防ぐのは自分次第

カードは今やなければ不便と言うところまで来ています。
使用を推奨される場合もあります。
確かに大金を持ち歩く必要もありませんものね。

しかし、カード=現金であるということも忘れないでください。
ただのプラスチックのカード1枚ですが、オカネです。
ジャケットに入れたまま、デスクに入れたまま、
車内のダッシュボードに置きっぱなしはNGです。
盗難されたら大損害ですよ。

以下、カードを持つ上で気をつけなくてはならないことを
いくつか挙げますので、チェックしてみてくださいね。

・署名欄にサインはしてありますか?
 してないと、不正使用されても補償されません。
・当たり前ですが、人に貸さない、借りないこと。
・何枚も持っている場合は、常に枚数をチェック。
・明細書は細かくしてから捨てましょう。

これらは、国内外でもちろん注意したいことなのですが
海外に行ったときは、さらに警戒をしてくださいね。

日本人=オカネモチは万国共通で有名なことですし
海外なので、現地のコトバで話されてパニックになったときに、
目の前で不審なことが起こっていても
対応しきれないことを見抜いて、仕掛けてきます。
格好のターゲットにされることにもなりかねませんので
特に海外でカードを使うときは注意を払いましょう。

国内外問わず、不審なことが少しでもあれば、
自分で判断せずに、すぐカード会社に連絡を取るべきです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008