偽造カードはどうやって作られるの?

お財布の中に、クレジットカードは何枚入っていますか?
その中でよく使うカードはどれとどれですか?

今や「持っていないよ〜」派は少ないのですよね。(^^)
海外旅行に行く時でも、現金を持ち歩かなくて良いのと
現地通貨への交換など面倒なことを避けられるので
カードを作ることを勧められます。
身分証明にもなりますよね。

しかしながら、昨今、偽造カード犯罪が急増しています。

ニセモノのカードを使って物品を買ったりする犯罪なのですが
明細が届いた時に、初めて気が付くことがほとんどです。

手口としては、本物のカードの中に入っている
「データ」だけを抜き取って、
そのデータをコピーさせて、ニセモノのカードを作ります。
これは、スキミング(盗み取り)と言って、
スキマーをいうトランプ箱のサイズぐらいのものに
カードを支払い時に通すような感覚で、スッと通すだけです。
カードを手にした人に悪意があれば、
一瞬でコピーされるということですね。

カード支払いをするときは、
カードを預けている間も店員の手元から目を放さない、
目の前で決済してもらえないときは、カードは使わないなど、
気をつけるようにしましょう。

実は、私事ながら、この犯罪は他人事ではなくて、
友人が実際にスキミング被害に遭いました。
カードを使ったお店が1件しかなく
アソコがどうも怪しいというハナシを聞いて、
あまりにも身近なことで、ショックを受けました。
カードの取り扱いには十分気をつけましょうね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008