保護命令の落とし穴に注意

DV防止法の保護命令は、内容を見ると一見強力です。
これらの命令に違反すると、1年以下の懲役か、
100万円の罰金が科せられます。

【接近禁止】6ヶ月間被害者に近づいたり、付きまとったり、
住居や勤務先に近づくことを禁じる
【退去命令】
2週間、加害者は住居から出て行くことを命ずる

期間が長いか短いかの問題は置いておいて、
まず、保護命令を裁判所に出してもらうには、
申し立てをしなくてはなりません。

これには、申し立てと証拠に関する書類の作成が必要で、
相応の法的知識が必要となってくるので、
一般人が書くのは難しいものです。
警察や支援センターに相談した上で、
申し立てをしたほうが手続きがしやすいなど、
不便な点もあります。

保護対象は申し立て本人のみ。子供は含まれないんです。
また、単なる同棲関係は含まれません。
その場合は、ストーカー規制法を採用します。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008