ストーカー被害にあわないために

ストーカー被害に遭ってしまった場合、
つきまわれる以前に、ストーカーになってしまった人と
何らかの関わりがあったケースが9割です。
中でも、交際相手の比率が飛びぬけて高く、
ストーカー犯の5割を占めています。

他には配偶者や、職場の上司や同僚、後輩
家族や同居人、同窓会やコンパなどで知り合った知人など、
何らかの接触を持った人が、
ストーカーに変貌を遂げてしまっているのです。

普通に接していた人が、ストーカー変身するということは、
何らかのキッカケがあるはずですよね。

ということは、そのキッカケを作らないことが
何よりもストーカー被害に遭わない
イチバンの防衛方法と言えるのではないでしょうか。

知らぬうちに、自分では気付かぬうちに、
キケンな発言や行動をしてしまっているかも知れません。
日ごろから、自分の言動に十分注意し、
周りへの気配りも忘れないようにしたいものです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008