侵入させない窓にするには

侵入者の侵入経路として最も多いのが「窓」です。
どこの家にもあるものですよね。

防犯を考えるとなければいいのかもしれませんが、
窓がなくては普段の生活が息苦しいですし、
暮らしにくくなってしまいます。

ところで、一般的な窓についている鍵というと、
2枚の窓ガラスを固定するアレですよね。
何かのカタチにしていませんか?

この金具、クレセントという名前なんですよ、知っていますか?
名前どおり「三日月」みたいでしょ?(^^)
でも、このクレセント、非常に防犯性が低いのが難点で
防犯性を考えると、コレだけでは安心できないレベルです。

そうです、家中にある窓は格好の侵入口。
クレセントだけでなく、どう防犯性を強化できるのか
ポイントを紹介しますね。

・ワンウィンドウ・ツーロック、クレセントには必ず補助鍵を。
・窓ガラスを強化ガラスにする。
・窓に防犯センサーを付ける。
・雨戸やシャッターを閉めるの習慣をつける。
・雨戸が付けられない窓には、面格子をつける。

もう一つ大切なことですが「頭が入れば体も入る!」
30cm×30cmの小さなすき間からでもb大人1人が入ることができるんですよ。

小さい窓だからと油断しないことです。
室内に通じる場所には、何らかの対策を講じてくださいね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008