心理的バリアが効果的

泥棒が苦手なものに、心理的なバリアがあります。

これはどういうことを指すのでしょうか?

まず、防犯に欠かせない、生活を守るバリアとして
代表的なものに、カギや防犯ブザーなどがありますよね。

これらは家への侵入を、物理的に妨げるものです。
泥棒はコレを破って侵入するのはお手の物ですから
カギがあるから、防犯ブザーがあるから
この家はやめとこうということにはなりません。

逆に、防犯のためだけに作られたものではないのに
犯罪者に「この家は狙わないほうがいいなぁ」と思わせる
間接的なアイテムが、心理的バリアです。

これは例を挙げると解りやすいのですが、

・犬を飼っている
・庭に音の鳴る砂利が敷き詰めてある
・センサー付きのライトが玄関やベランダにある
・玄関にセキュリティ会社のシールが貼ってある

などなど。イメージ沸きますよね。
これらは、直接的に家を守る道具ではないけれど、
犯罪者から見れば、あったらイヤなものばかりなのです。

物理的なバリアを幾重に組むのも有効ですが、
心理的なバリアも、上手に利用したいものですね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008