アパート暮らしの防犯

大学生男子のインテリア

"この春、大学に入学した息子に、
下宿先で使うベッドや机を揃えてあげました。
4年間だけの期間限定なので、
高級な家具はもったいないということで、
ネット通販でリーズナブルな家具を探しました。

家具やインテリアを取り扱う通販サイトをいくつか見て、
口コミレビューで評判の良い商品を探しました。

ベッドはマットレスに足が付いたタイプのものです。
組み立てもカンタンですしお値段も安かったです。

シーツや布団カバーは洗濯して毛玉が出るのがイヤなので、
こちらは上質の商品を探しました。
茶系のシックな色でお部屋の雰囲気をモダンにしてくれます。

机は本人のこだわりで、大きめなタイプを探しました。
組み立て式でチェストもついています。

本やノート、パソコンを置いても余裕がある大きさなので、
本人も満足したようです。

最後は絨毯です。
こちらも本人がどうしても欲しいという商品があり、
そちらを購入しました。

フカフカの毛並みで渋い茶色です。
ベッドカバーの色と良い感じにマッチしています。

少し予算オーバーになりましたが、
息子が気に入るインテリアになったので良かったと思います。

"

アパート暮らしの防犯ポイント

アパート暮らしの防犯に役立つコツは、
どれもとても簡単なことです。

しかしながら、
当たり前にできないことも多いのが現実であり
アパートが犯行現場になってしまうことも多々です。

それでも、いつも心がけて自己防衛することは
とても大切なことで、自分を守ることに繋がりますので、
できるだけ実行するようにしてくださいね。

・引越しのあいさつは、一人で行かない。
・一人暮らしであることも言わない。
・一人で家にいるときは施錠をすること。
・来客があっても、スグにドアをあけないこと。
・表札は、男の人の名前も並べて書くようにする。
・洗濯物は外に干さない。干すなら男物も一緒に干す。
・留守番電話を女性の声で登録しない。
・カーテンや窓際でいかにも女の子の部屋をアピールしない。
・ルーズな服装で出歩かない。
・いかにも一人分の買い物をしない。
・ゴミは決まった日の決まった時間に出す。

安全なアパート選びのポイント

アパート暮らしを安心して快適に送るためには、
アパート選びはとても大切です。

当たり前のことなんですけどね…(^^;;

とはいえ、なかなかね。
選ぶときに時間がなかったり、予算の都合もアリで、
細かなチェックができない、希望が叶わないことも多いので
最低でも気をつけたいポイントだけ覚えておいてください。

短期間お試しで住めたらいいなと思いますがね。
やっぱ、そんなの無理ですよね。(^^;;

・一人暮らしなら1階は避けること
・人目につきやすいアパートかどうか
・とはいえ、丸見えではないこと
・交番が近くにあるかどうか
・最寄り駅からアパートまでの経路を歩いてみる
・朝と昼と夜のアパートの周りの様子を見ておく
・補助鍵の有無、なければ付けていいかどうか聞く

特に鍵はついていても壊れていたりすると
全く意味がないので、入居する前に確認しておくことと、
借りたい部屋に、前に住んでいた人がいた場合、
鍵本体が交換されているかどうか、確認する必要があります。

アパートはココから侵入される

犯人はアパートのどこから入ってくるのかということですが
自分が空き巣になる気分でまずは考えてみましょう。

アパートって、どこから侵入できそうですか?

ほら、全くの素人でも、
いくつか侵入できそうな場所、思いつきますよね。

侵入経路として多い場所が、以外にも普通に玄関から。
裏に回った居間の大きな窓も侵入されやすい場所です。
特に1階は狙われやすいので、注意しなくてはなりません。
庭木や電柱などの足場がある場合は
2階のベランダからも簡単に入れてしまいますよね。

そして窓ガラス破り、
カギを開けたりして部屋に入ってくるというわけです。

特に、駐車場や公園に部屋が面している場合、
人通りが多くて安心!ではなくて、
部屋の中を外から物色されやすいということです。
また、アパート全体が外部から見えにくすぎても
格好のターゲットになってしまうので、注意が必要ですね。

一人暮らしに見えない工夫をする

一人暮らしがアブナイならどうしたらいいのでしょう?
1人で住まないのがイチバンですが、そうもいきませんよね。

じゃぁ、どうしましょう?

そう、カムフラージュですね。
とにかく一人暮らしだと分からないようにするんです。
特に、女性の一人暮らしとは分からないように
普段から気をつけて、工夫することで
防犯率が飛びぬけて高くなります。

例えば、お洗濯。
女性物だけをチビチビ干していませんか?

え?乾燥機で室内干ししてる? (´_ゝ`)♪

いやいや…(-∀-)
お天気のいい休日に、かわいいシーツのお布団を一組、
ベランダに干したりしてませんか?

次に、コンビニの買い物。いかにも一人分、買っていませんか?
表札は一人暮らしと分かるような書き方をしていませんか?

まだまだ、まだまだありますよ…!!Σ(・o・;)

犯罪者は狙いを定めると、どう狙うか必ず下見をします。
ターゲットを徹底的に調べてから、犯行に及びます。
家だけでなく、生活習慣、人付き合い
そうです、ゴミももちろん調査対象になってしまうのです。

ターゲットにならないために、無理だと諦めさせるために
一人暮らしであることを、絶対に匂わせないことが重要です。

アパートで一人暮らしは狙われやすい

学校に行くために、働きに出て一人暮らしをするから
アパート暮らしをするというケースは多く見られます。
年齢が20〜30台の半分ぐらいの人は一人暮らしや
少人数暮らしを経験しているのではないかと。

心当たりありますよね。
私も一人暮らしの経験がありますよ。

まぁ、防犯とは無縁のダメな生活っぷりでしたけどね…(^^;;

一人暮らしをするキッカケは、学校や仕事の関係だけでなく、
気の合う友達同士でルームシェアや少人数暮らし、
新婚で愛する人と甘い2人暮らし、
他にも色々事情があったりで、子供と一緒にとか。

もうお分かりですよね。どれも狙われやすい条件です。

逆に、自分が泥棒になるとしたら、
特に女性の一人暮らしは、狙いを定める家の上位に
間違いなくランクインするでしょう。

空き巣や強盗、性犯罪、ストーカー被害は
年々数を増して凶悪化しているにも関わらず、
検挙数は低下してきています。

アパートで一人暮らしをしつつ、
どこかで「私にはそんなの関係ないから」というキモチを
持ってしまっていませんか?
そんな「お気楽な妄想」は今すぐ捨てるべきですよ。

簡単に借りられる=キケン?

アパート暮らしは手軽と言ってはなんですが、
新しい生活をスタートする時に
一番選びやすい住まいナンバーワンですよね。

アパートは全国にたくさん建てられていて、広く利用されています。
最近では家具付き、光熱費込み、1週間ごとに契約できるなど
便利な賃貸条件も登場して、とても借りやすくて、
すぐ暮らせる状態で、アパートの1室を借りることができます。

でも、嬉しいことばかりでしょうか?(-"-;)

誰でも簡単に借りられるということは
便利でもありますが、同時に危険でもあります。
間取りを知るため、誰が住んでいるか下見をするため、
防犯のシステムを知るために、
泥棒が借りるコトだって出来るんです。

正直、怖いですよね。(゚Д゚;
契約が簡単なアパートで、実際に犯罪も起きていますしね…(;_;)

簡単に借りられる、スグに生活できるからと言って
安易に住むところを決めてしまわないようにしましょうね。

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008